サプリメントの違法行為が盲点

■サプリメントの違法行為が盲点

サプリメントはどこでも買える気軽に買えるというのも魅力の1つです。
ドラッグストアに行けばもちろんコンビニにも。
そして今だったらインターネットを使えば、外に出ずとも購入できますよね。

お店や通販サイトで購入するわけですが、各々の宣伝文句が盲点だったりします。

実は、サプリメントの宣伝文句は直接的な効果を謳ってはいけないと法律で決められています。

・疲労回復
・便秘解消
・必ず痩せる

などなど聞きなれた宣伝文句は、実は違法です。
「〜効果を期待できます」とか、、ここまでがセーフです。
サプリメントは法律上「食品」扱いになるので、体の構造・機能に関与しないという前提で販売されています。
「便秘」「糖尿病」という症状名や「胃」「肝臓」という臓器名も謳ってはいけません。

直接的な効果を謳って良いのは、国から認可されている医薬品のみです。

サプリメントの場合は、特にインターネット販売に注意をしてみてください。
この手の宣伝文句がうじゃうじゃあるはずです。
大袈裟な宣伝文句や、誇張した効果など。
これらの商品はまず怪しいと思って構わないので、販売業者の会社概要を検索してみるのが安全だと思います。